45歳で自然妊娠した妊活メンターEHKOのブログ

高齢妊活必須マインド【他人軸をやめる】

妊活マインド

究極の超簡単!妊活エクササイズ!

だれでもできる妊活エクササイズ「雑巾がけスクワット」今日から始めてください♡
  • 始めは朝晩3分間!ちょっときついな💦と感じるぐらい頑張ってください♪
  • 説明いらずのケガ知らず!ちょっとかっこ悪けどそんなことは言ってられませんよ!

骨盤底筋を鍛えるエクササイズも合わせてたらさらによい!

  • こちらも約3分間。1回の静止時間は大丈夫な方は30秒ぐらいやっても可。
  • 腰痛にならないように注意しながら行ってください♡詳しくはこちらの記事をごらんください♡

この2つのエクササイズを合わせて朝晩6分間づつ毎日やる♡

EHKOのセオリーで顕微妊娠に成功されたSさまも食べ続けた妊活治療食『シソと生姜のシーチキン和え』の作り方がわかるこちらの記事もぜひご覧ください♡

高齢妊活WOMANは「鉄のマインド」を持つ

先日、EHKOの妊活オールフルセット会員様からこんなメールをいただきました。

私がこのメールの文面の中で、1番「高齢妊活あるある」だなと感じたのが、

移植の日が近くなるにつれ、この歳での妊娠が良いのか?!なんて、気持ちの揺れが出てきます。周りは、何て言うだろう‥。周りに40代の出産がいないので‥
ですね。

確かに、40代半ばで密かに妊活成功し、職場や身内の方々に報告をするシーンを思い浮かべると、手放しで喜んでくれる人ばかりではないことに、誰しも気づいてしまうと思います。

以前アメブロにも書きましたが(記事はこちら)、私が45歳で妊娠報告をしたとき、両親からは私のカラダと今後の不安から速攻堕胎を勧められましたし、親友からは「うちの母が、『今から子ども育てるなんて、なんて可愛そうな人・・・』って言ってたよ」と、心無い言葉を投げられたり(今となっては本人はどういう神経でこの言葉を私に手向けたのか全く理解に苦しみますが💦)、職場からは有形無形のマタハラもありましたし。

ただでさえ、他ならぬ私自身が動揺し、不安でいっぱいなのに、それを前向きに励ましてくれる人のほうが圧倒的に少数でした。

確かに高齢妊娠は、見方によっては”受難でしかない”のです!

この子が成人するとき、私は65歳。

いろんな意味で産んでだいじょうぶ?

それ以前に母体はだいじょうぶ?

妊娠中に大病になってあなたが死んだらどうするの?・・・

と心配したくなる気持ちが、私自身もよく理解できました。

人生は「世間の目という森の中を、ひとり歩いていくようなもの」

文筆家の梅田みかさんのお父様で、作家の梅田晴夫さんが、みかさんがいろいろなスキャンダルで世間のバッシングにさらされていたときにみかさんに向けた言葉です。

人生は、世間の目という森の中を1人歩いていくようなものだ。良くも悪くも、世間の目からは逃れられない。だからそんなもの気にしないで、自分の進みたい道を、スキップしながら歩いていきなさい。

私はこの言葉が好きです。世間という目からはどだい逃れられないのです。結局いつも見られているのです。でもその目を気にするあまり、立ち止まったり、本当に進みたい道に進めないなんて馬鹿らしいこと。人生は一度きり。後悔しないで精一杯自分の意志に従って、堂々と生きたい、私はそう思います。

40代は人生の折返し地点。

もう十分に”他人軸”に合わせて生きる生き苦しさを体験してきました。

だからこれからは、常に”自分軸”で生きましょう。

いまさら誰に遠慮はいらない、と私は思います。

スポンサードサーチ

”妊活メンター”という肩書きに込めた思い

「妊活アドバイザー」というカテゴリーの中ではありますが、その中で私が特に「メンター」という言葉を肩書きに選んだ理由は「高齢妊活者の精神的なフォローも積極的にやっていきたい」と考えたからです。

高齢妊活には、体力以上に精神力が求められます。周囲からの負のプレッシャーに負けたらそこで終わり。その負のプレッシャーは、はっきり言って出産後も続きます。そこで母が気持ちで負けたら、子どもが犠牲になります。

例えば、ママ友さんたちとのお付き合いのしかた。20代や30代の若いお母さんの中で、話が合うって正直本当に少ないです。それは単純に世代間格差ですからしかたありません。寧ろ年齢ではなく、ひとり親家庭どうしのお母さんの方が話があったりします。

私個人は、人生皆ひとそれぞれ、スタートもゴールも違うひとりマラソンをしているようなものだと思っています。だから、他人を羨んだり比較したりすることがいかに無意味かをわかっているつもりです。それでも、やはりいろいろありますね。

例えば、自分が50近いおばさんだと卑下していたら、若いママ友さんたちと気持ち良くお付き合いができないでしょう。自分が腰が引けていたら、息子にも影響します。お休みの日に一緒に遊ぶお友達がいなくなります。特に男の子の場合、母親との2人遊びはすぐに終わり、男の子どうしでちゃんばらごっこ(表現古っ)したいのです。そんなときのためにも、世代間格差をうまく薄めて明るくお付き合いしていきたいと思っています。

また、世代間格差と同時に、体力格差も激しいです。正直、私の子育て疲労感を1としたら、20代のお母さんなら0.4とか(笑)そのぐらい差があると実感します。だからどこかへ子どもを連れて行ったりしても「疲れた」「シンドイ・・・」のタイミングが全然違うので、本当に注意が必要です(笑)

40代でママになるって、そのあたりのこともグッとこらえて笑顔で過ごすことも要求されます。私はおばさん、体力ないから子どもと遊んであげられない、なんていじけてる暇があったら肉食べて筋トレして体力付けるしかないのです。

そういう部分も、経験者にしかわからない辛さです。

私が『妊活メンター』と自分を読んでいるのはつまりそういうことです。

私は、自分の強い意志で高齢にも関わらず子どもを産んだという自分の責任を全うしたいです。もちろん、責任を全うするだけでなく、息子と2人歩む人生を実り多いものにしたいですし、人生そのものを2人でエンジョイしたいです。

それはだれも犯すことのできない私達の権利ですから、堂々と前に出ていきたいです。

今日もお読みいただきありがとうございました♡

妊活メンター
EHKO

EHKOとつながる90日or30日のDailyシート

EHKOのDailyシートをしっかり実践されたらほぼもれなくあなた史上最高のハイグレード卵子が採れることがいよいよ判明してきました!

あなたのライフスタイルに合わせて2つの”Dailyシート”をご用意。
【EHKOとつながる90日or30日のDailyシート】で、もっと本気の妊活を始めましょう!
✔詳しくはこちらからご覧ください。