45歳で自然妊娠した妊活メンターEHKOのブログ

プロラクチンの数値を薬を使わずに下げる方法

妊活 妊活中-食

究極の超簡単!妊活エクササイズ!

だれでもできる妊活エクササイズ「雑巾がけスクワット」今日から始めてください♡
  • 始めは朝晩3分間!ちょっときついな💦と感じるぐらい頑張ってください♪
  • 説明いらずのケガ知らず!ちょっとかっこ悪けどそんなことは言ってられませんよ!

骨盤底筋を鍛えるエクササイズも合わせてたらさらによい!

  • こちらも約3分間。1回の静止時間は大丈夫な方は30秒ぐらいやっても可。
  • 腰痛にならないように注意しながら行ってください♡詳しくはこちらの記事をごらんください♡

この2つのエクササイズを合わせて朝晩6分間づつ毎日やる♡

EHKOのセオリーで顕微妊娠に成功されたSさまも食べ続けた妊活治療食『シソと生姜のシーチキン和え』の作り方がわかるこちらの記事もぜひご覧ください♡

プロラクチンが高い方必読!

今回は、医師から高プロラクチン血症という病名をつけられ、医師の処方に従って漫然と薬を服用しているあなたにきっと役立つ情報です。

先日、読者様からのご質問、

「プロラクチンの数値が高くてもEHKOの妊活セオリーを実践すれば妊娠できますか?」

を受けて、そもそもプロラクチンの数値がなぜ異常に上がるのか、その原因を探ったところ、思わぬところから解決の糸口が・・・。

その前に「プラクチン高数値による不妊・不育症」の置かれている現状を簡単に確認します。

スポンサードサーチ

プラクチン高数値による不妊・不育症とは?

そもそもプロラクチンとはなにかというと・・・

プロラクチン【prolactin】脳下垂体前葉から分泌されるホルモンの一つで,PRLと略記。また乳腺刺激ホルモンmammotropic hormone(MTH)ともいう。魚類から哺乳類にいたるすべての脊椎動物でその存在が確認されている。ヒトのプロラクチンは分子量約2万2000,198個のアミノ酸からなる。ヒトにおけるプロラクチンの生理作用として明らかにされているのは,乳汁分泌刺激作用である。乳腺の発育と乳汁の産生にはプロラクチン以外にも多くのホルモンが関与しているが,プロラクチンは発育した乳腺に働いて乳汁分泌の引金をひき,これを維持する作用をもつ。【世界百科事典 第2版より】

要するに、プロラクチンとは、本来は出産した後に増えるべき、乳腺に働きかけるホルモン。このプロラクチンの数値が、妊娠もしないうちから通常より高めの症状を高プロラクチン血症と呼び、不妊の原因の1つとされています。

次に高プロラクチン血栓症=なぜプロラクチン数値が上がるのかの主な原因がこちら↓

  • 間脳障害・・・【機能性】Chiari-Frommel症候群、Argonz-del Castillo症候群 【器質性】間脳周囲の腫瘍
  • 脳下垂体障害・・・プロラクチン産生腫瘍
  • 甲状腺障害・・・原発性甲状腺機能低下症
  • 薬物性高プロラクチン血症・・・神経安定剤、胃腸薬
  • その他・・・原因不明

間脳障害だの脳下垂体障害だの、なんだか恐ろしくなってくる言葉が並んでいますが、以上の中で1番頻度が高いのが、実は「原因不明」だそうです。

『原因不明』がトップでホッとしました(^^)

なぜホッとしたのかといいますと、今日(8/1)のアメブロでも掲載した通り、乳牛(♀)とプロラクチンの作用関係を伝える情報から読み取れる原理が、同じ哺乳類の人間の女性(♀)とプロラクチンの作用関係に応用できるのではないかとEHKOは強く疑っているからです。

乳牛の搾乳率が下がる季節〜「秋落ち」対策からわかること〜

アメブロにも全文を掲載しましたが、こちらにも全文を掲載します。

秋落ち

これからの季節、泌乳量が低下するいわゆる「秋落ち」が起こりやすくなります。この「秋落 ち」は分娩後 100 日前後の牛でよく起こり、短期間で回復することなく長く尾をひき、ずっと乳 量がぱっとしないままその乳期を過ごすことになってしまいます。 このため、その原因はいろいろと検討されてきました。一つは夏の酷暑の疲れと暑さで粗飼料 の採食量が減るなどして発生した潜在性ルーメンアシドーシスです。もう一つは秋になって日照 時間が短くなって乳牛のホルモンバランスが崩れるというものです。周年繁殖動物である乳牛で も、日照時間の長短や不規則な光刺激が生理的なリズムを乱すということが分かってきています。 そして、日照時間の変化による「秋落ち」のメカニズムが少しずつ明らかになってきましたので、 対策とともに紹介します。

プロラクチンが泌乳量に関与

プロラクチンは、脳の近くにある下垂体という器官でつくられるホルモンで、分泌量が増える と泌乳が促進されます。このホルモンは明るい時間が長い長日条件ほど分泌量が増え、泌乳量が 増えます。従って、日照時間が短くなる秋・冬には明るい時間が短くなるため分泌量が少なくな り、泌乳量も低下します。一方、乾乳期間中に、明るい時間を短くする条件(短日条件)で飼育す ると次の泌乳期の乳量を増やすことができるという研究報告があります。このメカニズムは短日 条件で飼育するとプロラクチン分泌量自体は減少しますが、乳腺のプロラクチンに対する感受性 が高まり、さらに乳腺組織の成長も促すことができ、乳腺の次の泌乳期に向けての準備が十分に 行われるといわれています。

メラトニンがホルモン分泌にも影響

メラトニンは脳の近くにある松果体という器官から分泌されるホルモンで、睡眠導入作用など のあるリラックス促進のホルモンです。メラトニンの分泌量は日中に低く、夜間に高いというリ ズムがあります。従って日が短くなってくると牛の松果体も沢山のメラトニンを分泌するように なり、プロラクチンの分泌量を抑え、ウシの体もリラックスして、泌乳というストレスの多い状 態から離れていく可能性があります。またメラトニンは夜間の光刺激にも敏感に反応し、照明の 点灯直後にその分泌量は急激に低下することが知られています。

対策と利用

日ごろから暗い牛舎や消灯時間の早い牛舎ではより強く「秋落ち」を起こす可能性があります。 また、これは冬に曇天が多く雪も降る日本海側の地域にも当てはまります。そのための対策は、 日照時間が短くなることに因るホルモンバランスの変化が起きて乳量が減っているのですから、 日照時間が短かろうが、牛舎の中を明るくしてしまえばいいのです。考えられるやり方としては、 『文字を十分読めるくらいの明るさを保つ』を目安に照明の数を増やす、可能であればタイマー を用意して牛舎内を照らす時間を確保するということになります。目安としては明るい時間を 16 ~18 時間、その後の暗い時間を 6~8 時間とされています。 ニッサン 酪農・豆知識 平成 27 年 09 月 第 101 号 お金がかけられなければ光をさえぎるクモの巣を取り除くなどの牛舎の窓(明り取り)の清掃や、 照明自体の清掃を欠かさないだけでもだいぶ違うのではないでしょうか。

日長時間の制御事例

日長時間の制御により生産性を高める試みは国内でも既に実践されています。ここでは 2014 年度・第 3 回北海道畜産草地学会で報告されたF牧場の事例を紹介します。

 牛舎等の状況

F 牧場は総数 75 頭(経産牛 45、育成牛 30)を飼養しており、牛群割合は初産 34%、2 産 20%、 3 産以降 46%で日長条件の制御に取り組む前後で大幅な変動はありません。給与飼料のメニュー も取り組み前後での変更はありませんでした。牛舎は 32 頭収容の対尻式で、南北に出入り口、 東西の側面に窓がある構造で、窓は大きく日中の日差しはよく入ります。照明は中央通路に蛍光 灯(40W)5 本、飼槽側は両方にそれぞれ蛍光灯(20W)2 本で、照明が少なく日没後は暗い牛舎 でした。

 取り組みの概要

そこで、LED 投光器(明るさ 100W 相当、消費電力 10Wh)10 台、24 時間タイマー、光セン サーを、電線やコンセントなどを準備して自分で取り付けました。取り付け場所にも工夫を凝ら しています。照度計で明るさを測定したところ、牛の目線の高さで 80~100 ルックスだったとい うことです。 1 日のうち 16~18 時間を明るく、8~6 時間を暗くすると乳量が噌えるという研究報告をもと に F 牧場では明るい時間を 17 時間、暗い時間を 7 時間に設定したしました。光センサーの作動 時間をタイマーで 4~9 月は 4 時 30 分~21 時 30 分、10~3 月は 5 時 30 分~22 時 30 分に設 定し、この時間帯に光センサーが反応する明るさ(20~30 ルックス)を下回るとスイッチが入 り投光器が点灯するように設定しました。このため、日中でも曇天や降雨で暗い時に点灯します。

 取り組みの結果

取り組み前の 2012 年 11 月には、前月検定時 29.1kg だった 1 頭当たり平均日乳量が、27.6kg まで低下していました。中でも、11 月時点で分娩後 100 日前後(泌乳最盛期)となる 6~9 月分 娩牛の落ち込みが顕著で、その後の乳量推移は泌乳中・後期にかけて低調に推移していました。 取り組み開始から約 1 年が経過した 2013 年に、乳検データから牛群全体の乳量を整理してみ ると改善が見られていました。取組前の 2011 年、2012 年および取組後の 2013 年の乳検デー タから、光の影響を受けやすいといわれている 6~9 月分娩牛(ほぼ泌乳最盛期)を抽出し、その平 均日乳量を 10 月を 100 とした減少率で比較してみています。その結果、取り組み前には乳量が 15~20%減と大幅に低下していましたが、取組後の 2013 年には、若干の乳量低下が見られたも のの、その程度は過去 2 年と比べて小さく、泌乳中・後期でも高い持続性を示していました。 1 頭当たり平均乳量は 2013 年 9 月時点で 8,800kg だったものが 2014 年 9 月時点で 9,900kg へ 12.5%アップしたと報告されています。 LED 投光器や光センサーの低価格化が進んでいる現在、検討に値する技術と思われます。 さらに、この乳牛の光に対する反応を積極的に利用して、日照時間の短い年末年始には乾乳牛 を増やして辞乳期の準備と省力化を図り、日照時間が長くなり始めた 2~3 月に分娩させるといっ た管理形態に応用できる研究成果だと思います。当然この方式では季節繁殖が必要になります。

日産合成工業株式会社 学術・開発部

(『日産合成工業株式会社 秋落ち』より転載 » 元記事はこちら )

↑は、飼料を生産・卸している会社が酪農農家へ配布したものですが、この文章を読むと、日照時間が乳牛のプロラクチンの増減に深く関与していることがよくわかりますね。

上の文章の大切なポイントをまとめると・・・

  1. プロラクチンは日照時間の増減によって分泌が乱れる
  2. プロラクチンは明るい時間が長ければ長いほど分泌量が増える
  3. プロラクチンは明るい時間を短くすると分泌量が減る
  4. リラックスを促進させるホルモン・メラトニンの分泌量は、日中は低く夜間は高いというリズムがあり、日が短くなるとたくさんのメラトニンが分泌されプロラクチンの分泌量を抑える働きがある
  5. プロラクチンは、1日24時間のうち、明るい時間が16〜18時間あると分泌が促進される→6〜8時間以上暗い時間があると分泌が抑制される

と、こんな感じになりますが、最初にも書いたとおりプロラクチンは哺乳類に共通するホルモンで性質も機能も基本的に同じはずです。

スポンサードサーチ

まとめ

以上のことをもっと簡潔にまとめると、

  • プロラクチンは日照時間を短くすると分泌が抑えられる
  • プロラクチンは6〜8時間以上暗い時間があると分泌が抑制される
  • リラックスすると分泌されるホルモン・メラトニンが分泌されるとプロラクチンの分泌は抑えられる

という3つの原理を高プロラクチン血症の治療にそのまま応用できると考えるのは、自然なことだと思います。

では具体的にはどうすればよいのかというと、

  1. パソコンや携帯の明るい画面を見つめている時間も含め、明るい場所にいる時間=起きている時間をできるだけ短くする→できるだけ早く寝る
  2. できるだけリラックスして過ごす

ということになりますね!

上の1.2.が、アメブロであなたに出題させていただいたクイス

『プロラクチンの数値を下げるには一体どうしたらよいでしょうか?』の正解

ということになります。

『ホルスタインと私たちを一緒にしないで』とお思いの方もいらっっしゃるかもしれませんが、そもそも治療薬と呼ばれるものは、すべて動物実験を繰り返し、その効能と安全性が確かめられた薬品です。

こんなに安全性・効果ともにすでに実証されている治療法を、投薬を開始する前にやってみない手はありません。

ちなみにざっと探してみましたが、産婦人科のサイトで「光にあたっている時間とプロラクチンの関係」に触れているるHPは、1件も見当たりませんでした(涙)

なぜなんでしょうね・・・。本当に残念で不思議です。

それはさておき、プロラクチンを下げる薬を飲み続けているのに、なかなか改善しないという方は、1日に光を浴びている時間(光を見つめている時間)をできるだけ減らし、1秒でも早く目を閉じてください。

そして、できるだけストレスにさらされないようにしてください。

あなたの脳と心がいつもリラックスできるように努めてください。

なんのリスクもない治療法なのだから、これはもう試すしかないですね(^^)

ふと・・・

人類がこんなに長時間、光を浴びつづけていた時代は今までになかったはずです。

パソコンや携帯を眺める時間が妊活の妨げになっているのだとしたら、深く納得できます。

今日もお読みいただきありがとうございました♡

妊活メンター
EHKO

【EHKOとつながる90日のDailyシート】にバリエーションが増えました!

EHKOのDailyシートをしっかり実践されたらほぼもれなくあなた史上最高のハイグレード卵子が採れることがいよいよ判明してきました!

あなたのライフスタイルに合わせて5種類の”Dailyシート”をご用意しました。
【EHKOとつながる90日or30日のDailyシート】で、もっと本気の妊活を始めましょう!
✔詳しくはこちらからご覧ください。