45歳で自然妊娠した妊活メンターEHKOのブログ

みんな「命の学び」にやって来た”独りぼっちの魂”

生き方

昨日まで元気だった母

こんばんは。
妊活メンターEHKOです。
この夏から腰痛で入院している私の母が、今朝、ベッドからの不意の転倒により頭を強打し、脳内出血で意識不明となってしまいました。
医師の話では今夜が「峠」。

私は現在息子とともに北海道に住んでいることもあり、飛行機の関係で本日中の帰省は不可能となりました。
明日、息子とともに、喪服も持参で実家へ向かいます。

昨日の昼下がりに病院にいる母の携帯に電話をしたときは、いつものようにとても元気で、あれこれと2人で世間話をしました。
母は自宅で愛犬と一緒に留守番している胃ろうの父のことを心配していました。

そんな母が今朝はこんなことに。
私の兄弟は私以外は男性ばかりでサラリーマンですから、本来ならば自由の効く私が一番に帰省するべきでしたが、それが叶わず無念です。

スポンサードサーチ

母に抱きしめてもらった記憶がない

実は私は、母に抱っこされたことも、抱きしめられたことも、頭をなでてもらった記憶さえ全くありません。
実際、距離のある母子でした。
私が初潮を迎えたときも、母にはしばらく黙っていました。
そんなことからも、私と母の関係がどんなものだったか端的におわかりになると思います。

私は、小さな頃から、あの母以外に本当の母がいるような気がしていました。
いろいろな小さなすれ違いの出来事が重なるうちに、母に対する漫然とした不信感は日常と化しました。

しつけの厳しさに反抗もしました。
大学時代には2度の家出に、自殺未遂まで・・・。
私は、親を喜ばせたことが一度もない、不肖の娘です。

そんな「私は母に愛されていない」と感じ続けていた幼少期〜思春期の私は、気がつくと、そのまま大人になっていました。

ただ抱きしめて欲しかった

でも今、こんなことになって気づくのです。
私は母に「ただ優しく抱きしめてもらいたかった」と。
母が夏の初めに腰痛で入院してから、コロナの制約によってなかなかお見舞いにも看病にも行けず、今まではお金を媒介としたサポートしかできませんでした。
が、期せずして明日、帰省できることに。
明日の夕方、せめて私たちが病院に着くまで、母に生きていてほしいです。
そして、母に「私はあなたにずっと、ただ抱きしめられたかったんだよ」と耳元で伝えたいです。
そして、私が母を抱きしめたいと思います。
このままお別れになったら・・・と思うとやりきれない気持ちでいっぱいですが、とにかく明日、出雲の国へ帰ります。

スポンサードサーチ

私たちは「命の学び」をするためにやってきた

今、私はひょんなきっかけで高齢女性の妊活のサポートをさせていただいています。
我が子がほしい、どうしても欲しいと願う皆さまのお気持ちは(かつての私がそうでしたから)痛いほどわかります。

でも、本当は「子どもができる・できない」そんな問題ではないのです。
私たちは、この地球上に「人間」として生を受け、そのかけがいのない「命の尊さ」を学んでいるのです。

自分の存在を心から尊いと思えたら、他者の存在も同じぐらい尊いものだと思えるはずです。
人の心の平安は、「命の尊さ」に気づけたとき、感謝の念と一緒に訪れるものだと思います。

みんな「命の学び」にやって来た”独りぼっちの魂”

人は自分の「孤独」に気づいたとき、
生涯のパートナーを求め始め、
さまよい、
傷つきながら、
本当の「愛」に気づき、
「この人だ」と思える人と出会ったとき、
結ばれます。

その次は赤ちゃんが欲しくなります。

愛する人の子どもが欲しい。
その感情はとても自然なことです。

そこでなかなか赤ちゃんができないとき、
壁にぶつかり、悩み、苦しみます。

でも、このことを知れば、
あなたの苦悩はきっと軽くなるはずです。

Babyエンジェルは、
自分を認め、
心身ともに大切にしながら、
生き生きと生かしながら、
自分の人生を楽しく生きている、
そんな女性のもとへやって来る

ということです。
今日の「あなた」を「あなたらしく」大切に生きてください。

当面の間、妊活メンターEHKOはコンサル業務全般の新規お問い合わせを、中止させていただきます

しばらくアメブロ・カモンベイビー・ミ−での妊活情報記事の更新はお休みさせていただきます

有料専用サイトへのご加入・記事の更新は継続致します^^

いろいろ落ち着いたらまた戻ってまいります^^
それまで皆さまどうかお元気でお過ごしください♡

ランキングサイトに参加しています!

ブログ村

人気ブログランキング

EHKOのアメブロへは・・・

こちらをクリック!