降臨チャレンジャー鴻子のブログ

»  新講座  【実録活用】ハイグレードな卵子を作るための秘訣ご伝授オンライン講座     【絶対着床】移植直前〜判定日までのアラフォー女性の正しい過ごし方講座     【女性なら誰でも】転職・進路相談   【ネガティブマインドさようなら】妊活成功のための何でも相談   【松果体活性化】ワークショップオンライン講座   【zoomで学ぶ】妊活成功のためのミトコンドリア講座  【赤ちゃん天使を引き寄せる】マインドセット講座    詳しくは【お問い合わせ】ページをごらんください  

【原因不明の不妊】ネガティブに引きずられないための「思考転換法」

EHKOのセオリー 妊活 妊活マインド 生き方

【原因不明の不妊】食事も運動も休息も十分。でも妊娠しないAさん。

何の落ち度もないAさんの場合

最近お話したAさん(仮名・40歳)は、なぜ妊娠できないのか本当に不思議な女性。
事前の問診シートでも何も引っかかりませんでしたし、実際にお話させていただき、細部に渡って確認しましたが、聞けば聞くほどほぼ完璧に近い妊活を実践中の方でした。
しかし、ここ数年間真剣に妊活に取り組むもうまくいっておられません。
(ちなみに現在のところタイミング法のみの妊活です)

  • 年齢もまだ若く、専業主婦
  • 婦人科の数値も妊娠可能な範囲
  • 食事療法もほぼ完璧
  • 筋肉率も40%に近く、運動も毎日しっかりされている
  • 基礎疾患なしの健康体
  • 旦那さまにも全く問題なくご夫婦中も非常に良い

問診シートを見ながら1時間ほどお話しましたが、Aさんが妊娠できない原因らしきものは全く見つけられませんでした。
私が過去にお話したおよそ350人の妊活女性の中で、Aさんほど原因が見当たらない方は1人もいらっしゃいませんでした。
アドバイスを差し上げるのに、こんなに悩んだことは今まで一度もありませんでした。
(おそらくですが、顕微授精を試された場合、3回以内に成功されそうな感じがしますが、ご夫婦共に今しばらはくタイミング法でいきたいという強い希望があり、タイミング法で妊娠することを前提のお電話相談でした。)

スポンサードサーチ

【原因不明の不妊】すべてが揃っていても妊娠しないこともある

昨年から今日まで、妊活にまだ成功されてない方の特徴をつぶさに観察してきたEHKOですが、妊活未成功の方は、大抵ざっくり下の項目のうちのいずれかまたは複数が当てはまるのです。

・運動不足(筋肉が足りない)
・食事がダメ
・立ち仕事
・0脚
・ストレスフルなデスクワーク中心の生活
・旦那さまとの連携不足・協力不足・精子の問題
・ネガティブすぎる思考の癖

ですがAさんには、このいずれも当てはまらないようなのです。
不思議です。本当に不思議です。
「正にこれが本当の不妊だ」と、私は初めて頭が真っ白になりました。
事前の問診シートから、薄々気づいてはいたのですが。
いや、本当に驚きました。

【原因不明の不妊】「なんでなんで」に陥らないための”思考法”

話はちょっとそれますが、私は32歳から2度めの4年制大学に入学し、日本語・日本文学を学びました。
その4年間、奨学金を受けながら、複数の塾や予備校・家庭教師をして学費や生活費を捻出していました。
大学へ行っていない時間は、寝ているか、塾にいるか、家庭教師をしているか、といった生活でした。
そんなある一時期、いろいろなアクシデントが重なって、アルバイト先をすべて失ったことがありました。
少ない奨学金だけでは、学費はおろか生活すら回らなくなります。
私は、2、3日落ち込みましたが、ある瞬間、はっと気がついたのです。

「これって、神様が違うことをやってみなさいと言ってくれているのかも・・・」

元から単純な思考の私w
早速、以前から気になっていた自宅から近い雀荘の門を叩いたのです。
幼い頃、お正月に親戚が集まったときに大人たちが喜々として麻雀をしている姿をいつも羨ましく思っていた私。
「私も麻雀がしてみたい」と親に懇願したことも何度かあったのですが、女の子だからダメ!という理不尽な理由で教えてもらえませんでした。
「私も麻雀がしたい・・・麻雀を覚えたい」という素朴な願望が、30歳を過ぎても私の心の奥底でくすぶり続けていたのです。

そうか!麻雀だ!雀荘でバイトしながら麻雀を覚えてみたい!

そう思い立った私は、近所にあった雀荘の門をいきなり叩きました。
別に「バイト募集」と掲示されていたわけでもなんでもないお店。
でも私はそんなことはお構いなしでいきなりお店に押しかけていき、見事その雀荘でアルバイトをすることになったのです。

毎日20〜0時まで、4時間勤務の日給は5,000円。
仕事内容は、お客様にドリンクを出したり店内の掃除をするといった簡単な業務でした。

始めた当初は麻雀に関して全くの無知・未経験だった私でしたが、好きこそものの上手なれですね、麻雀の達人たちが集まるそのお店でお客様が打っている様子(ちなみに3打ちでした)を見ているうちに、1ヶ月後にはお客様の代わりに代打ちとして参加するまでになっていました。

その頃には、マスターからは「4時間分のバイト代5,000円を元金にお客様と打っていい。勝ったらもらっとけ。その代わり負けたら自腹でマイナス分は払うこと」と許可もいただき、私は、昼間は女子大生、夜は麻雀で稼ぐようになったのです。

ちなみに私にはギャンブル運があるようで、なぜかしょっちゅう役満がついたりで、自分で言うのもなんですが麻雀がめっぽう強かったんです。
ですから雀荘に行って、私のバイト代5,000円は増えることはあっても減る日はほとんどありませんでした。(その代わりにお客様が帰るというまで付き合わなければなりませんでしたから、朝まで打つこともしょっちゅうでした)

私は、塾講講師・家庭教師という仕事を一気に失った代わりに、以前から興味があった麻雀の世界を思いっきり知ることができたのです。

雀荘でバイトするようになって半年が過ぎた頃には「せっかくだからプロ雀士の資格でも取っておこう」とプロ雀士テストの勉強も始めていました。(もちろん大学もちゃんと通いながらです)

ところがちょうどその頃、友人を通じて地元で有名な進学塾から、高時給で働かないかというお誘いを受けました。
条件はとても良かったのですが、勤務頻度の縛りから、雀荘との両立は難しいものでした。
すぐにそのことを雀荘のマスターに相談すると「エイコさんはこんなところにいる人間じゃない。麻雀はまた遊びに来たらいつでも打たせてやるから、元の世界に戻りなさい」と諭してくださり、私は雀荘のバイトをスパッとやめて、また塾講の世界へ戻ったのでした。

今思うと、塾講と家庭教師の仕事を失ったときに、そこで腐らずに素早く気持ちの切り替えに成功したことで「麻雀」という新境地を開拓できたのです。

この経験は、私にとって人生的に大きな財産となりました。

「自分の人生」における”心残り”を1つ減らすことができましたし、さらに言えば「私はいざとなったら麻雀でも食べていける」という変な自信もつきました。

この私の「失業からの麻雀エピソード」と、原因がいまのところ全くわからない「どうしようもない不妊」。

この2つの出来事を関連付けて捉えることは、少し不謹慎なことかもしれません。

でも私には、人生をなんとかうまく乗り切るための「舵取り技術」という意味で、同質な技術を要する出来事だと感じるのです。

私は小さい頃から

「考えても仕方のないことは考えない」

ということを、常にモットーとしています。

自分には何の落ち度もないのに(真相はわかりませんが)いきなりバイトをリストラされ、しかも複数持っていたバイトをなぜか同時期に一気に失うというアクシデントに見舞われたときも、私は「なぜ私はクビになったんだろう・・・」とは考えませんでした。(上にも書きましたが、それでも2,3日は落ち込みましたから少しは考えましたけどね)だって、考えても仕方ないのですから。

一方、ありとあらゆる妊活の努力を続けてきても、医師にも、妊活をよく知るアドバイザーにも、その原因がいまのところ全くわからない。

なんで私だけ妊娠できないの?
なぜ?
なぜ?
・・・

「なぜなぜ」に陥っても、答えは誰にもわかりません。

ここまで不明であるなら、あるとしたら「神のみぞ知る」と言ってもよいでしょう。

もしそうだとしたら、「神様が、『私が妊娠する前に〇〇をやっておきなさい』と言っているのかもしれない。ならば、その〇〇を探してみよう!」と、思考転換できないでしょうか?

一度きりの人生です。

たとえ万が一妊娠が叶わなかったとしても、死ぬ前に心残りのないように、身軽な今だからできること、以前から挑戦してみたいと思っていたことなどを、今のうちにやってみるってどうでしょうか?

その〇〇はこれかな?と自分の力で手探りで探し出し、喜々として日々それに取り組んでいるうちに、人生の風向きが私のようにまた変わっていくこともあるのではないでしょうか。

そう言えは昔「死ぬ前にしたい10のこと」(2003年)という映画がありましたね。

「死ぬ前に後悔しないように」みたいな感じって40歳位の健康な女性にはまだあまりないのかもしれませんが、人生なんてあっという間です。

私も出産してもう5年が過ぎましたが、この怒涛の5年間は文字通りあっという間に過ぎ去りました。

気がつけばもう50歳(汗)

この「死ぬ前にしたい10のこと」(2003年)という映画ですが、たしか評判がよかったことは覚えていますが、そう言えばいつか観たいと思いながら私もまだ観ていませんでした。

このブログを書き終えたら、必ず観ておきたいと思います。

死ぬ前に後悔することを1つ減らすために・・・。
(札幌・大通り公園にて 2020.5.24)

プチファスティングクラブではいつでもメンバーを募集しています!

次回のプチファスも引き続き『ディナー抜き16時間ファスティング』を開催することにしました♫
開催予定期間:10月中旬〜後半を予定しています

『ディナー抜き16時間ファスティング』の実施方法

お食事内容はEHKOのセオリーに則りつつ、

・1週間、18時までは自由にお食事していただきます
・18時以降はお茶・甘みのない飲み物のみで朝まで過ごしていただきます
・朝食・昼食・15時のおやつ的なものは自由に召し上がってください

という非常に自由度の高いファスティングです。
要するに夕食を抜くということですね!

妊活中のあなたは、もっとも妊娠しやすい体脂肪率25%を目指していきましょう♪

食欲の秋。
ここで一度ご自身のボディと向き合い、胃腸を休め、英気を養って生きたいですね!

入会の条件

・まじめに妊活中の方、もしくは妊活お休み中だけれどもう一度チャレンジしたいと思っておられる方
・EHKOとLINEでつながることが可能な方(もしくは身分証明できるものをご提示できる方)

上記を満たす方でしたらどなたでもOKです!
仲間がいれば絶対やり切れる!
やる気あるあなたからのエントリーをいつでもお待ちしています♪

次回のトークテーマ

※未定です

体脂肪率が35%あたりの方、
本気の妊活前の筋トレ以前に、
引きこもりが続き体重増加が気なり始めた方、
真面目な妊活仲間と一緒に本気でダイエットしたい方、

そんなあなたのご入会をお待ちしておりますm(_ _)m

» プチファス・エントリーはこちらからお願い致します