45歳で自然妊娠した妊活メンターEHKOのブログ

»  ★ 新講座ぞくぞく登場 ★ 【妊活成功のための】転職・進路相談  【ネガティブマインドさようなら】妊活成功のための何でも相談  【松果体活性化】ワークショップオンライン講座   【zoomで学ぶ】妊活成功のためのミトコンドリア講座  【赤ちゃん天使を引き寄せる】マインドセット講座  【赤ちゃん天使を引き寄せる】マインドセット講座 プラス スピタロット  ★ 詳しくはお問い合わせページからご確認ください ♫

大切なお知らせ 〜 今後、妊活カウンセリング対象者を絞らせていただきます〜

新型コロナ関連 病気 病気

こんにちは。
妊活メンターEHKOです。

こんにちは。
妊活メンターEHKOです。
今日は、コロナワクチンと妊活コンサルに関わる大切なお話をさせていただきます。
こんなお話をしなければならない現状に怒りと憤りでいっぱいですが、なにか取り返しのつかない大きな問題が起きる前に、適切に対処したいと考えました。
どうぞご確認くださいm(_ _)m

日本産婦人科学会はコロナワクチンの危険性を知ってか知らずか、ワクチン接種を推奨している(2021.5.12現在)

こちらは厚労省のコロナワクチン副作用資料の最新データです。
https://drive.google.com/file/d/15I-cNyla70bsbv-ctrpabBgXxuqgfyL1/view
※「第60回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会、令和3年度第8回薬事・食品衛生審議会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会(合同開催)資料」のPDFを公開プログラムにより

こちら↓は上の最新データの1ページめの画面です。

全166ページに渡り、約1万7000件ほどの副反応の状況が克明に記されています。
その中には102名の死亡者の記録も含まれています。
このリストは今年2月後半からスタートしたコロナワクチン接種後からのデータですから、今現在も拡大中のワクチン接種にともない、どんどん副反応で苦しみ、最悪亡くなる方も増えていくことでしょう。
そんな惨状の最中、ふと日本産婦人科学会のHPを覗いてみたところ、『COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ』という文書が掲載されていたのですが、その中身を読んで私は驚愕しました。
文書は全部で2枚。その全文がこちら↓

『COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ』
⽇本産婦⼈科感染症学会⽇本産科婦⼈科学会
第 2 版 令和 3 年 5 ⽉ 12 ⽇

となっていますから、コロナワクチンの危険性や副作用について時期的に周知していないはずがないのですが、⽇本産科婦⼈科学会は日本医師会のスタンスに追随するかたちをとっています。
しかも、こともあろうにパートナーにもワクチン接種を推奨しています。
このままでは日本は本当に詰むんじゃないでしょうか。
そもそも赤ちゃんも12歳未満なんですけど。
だいたい、18歳未満の子どもたちに接種すること自体がすでに狂っていますが、
今後国は6歳まで接種対象を引き下げる方針のようですし、恐ろしすぎて言葉を失っています。
今後訪れるのか全く未知ですが、正常な世界がもしも戻ってきたときには、国会議員・医師会を始めとしたコロナワクチンを推奨した人々は殺人罪で全員逮捕されるのではないでしょうか。

スポンサードサーチ

ファイザーの公文書資料に【卵巣】にワクチン成分が蓄積すると書いてある


p6でファイザーは卵巣への悪影響を認めています。
また、厚生労働省のサイト内にある『ファイザー社の新型コロナワクチンについて』でも、次のように危険性を示唆しています。

今後、妊活カウンセリング対象者を絞らせていただきます

私の妊活カウンセリングにご興味をお持ちの方々は、おそらくワクチン反対・拒絶されている方々ばかりだと思いますが、ここで改めてお伝えしたいことがあります。

ワクチンをすでに接種してしまわれた方、
パートナーが接種してしまった方、
自分は未接種だが職場の人がワクチン接種済みの方
ワクチン接種済みの高齢者と同居、または頻繁に会わなければならない方
自分は未接種だが、不特定多数の方々と日々接するご職業の方

今後私は以上の方々への妊活のアドバイスは一切行いません。
なぜなら、仮に妊娠できたとしても、妊娠中どんなことが起きるのか、どんな赤ちゃんが生まれてくるか全く保証できないからです。
何卒ご理解のほど、よろしくお願い致しますm(_ _)m

スポンサードサーチ

こんな状況であっても安全に妊活を続けていきたい方へ新しいカウンセリングをスタートさせました

妊活をまだ諦めていない、
絶対自分の赤ちゃんがほしい、
本気で妊活を続けたい、
でも職場がワクチン強制になりそうだ・・・
でもお金は必要、仕事どうしよう・・・
私、一体どうすればいい?

そんな方へ向けた、妊活を安全に続けるための進路相談窓口を開設しました。
ご興味ある方はこちらの画像をクリックしてください↓

コロナ禍での妊活が、日に日に厳しくなってきています。
まずはご自身とご家族の健康を守ることだ第一です。
妊活はあくまでそのベースが保たれた上で成り立つまつりごと。
どうか判断を誤らないでください。
コロナワクチンの影響を受けないよう対策をしっかりなさっている方への妊活カウンセリングは、今後もさせていただきます。
どうぞ引き続きよろしくお願いいたしますm(_ _)m

コロナとワクチンについて非常にわかりやすくまとめてある記事を見つけました。

テレビや新聞がスルーしている現実をぜひご覧ください。

コロナワクチンを接種してしまい後悔されている方、副作用が辛い方へ・・・

妊活はもうオススメしませんが、私はワクチンの解毒の方法を引き続き日々探し集めていますので、お困りの際は、kisekinoninshin@gmail.com までおたずねください。体質や個人差がありますから、何がどう効くかはやってみないと全くわかりませんが、解毒法の種類はかなり集まっております。私は医師でも漢方医でもありませので自己責任で実践していただくことになりますが、医師会がこんなありさまで全く信用に値しませんので、民間でも私のように熱心に真実を探し集めている人からの情報も切り捨て無いほうがよいかと思います。もちろん無料です。

この続きはcodocで購読

ランキングサイトに参加しています!

ブログ村

人気ブログランキング

ほぼ毎日更新中!EHKOのアメブロへは・・・

こちらをクリック!