45歳で自然妊娠した妊活メンターEHKOのブログ

甲状腺機能低下症は「ご飯」と「果物」で治る

EHKOのセオリー 妊活 妊活を助けるもの 病気

すでにエビデンスが3例出ましたので堂々と書きます!




数年前から甲状腺機能低下症で病院にかかりながら妊活されているRさまから、こんな嬉しいご報告をいただきました。
他にも記事には出せないのですが、すでにお2人、同じ治療法で数値が軽減し、妊活にはずみをかけた方々が。
これで3名の方が甲状腺機能障害をの症状を抑えることに成功しておられますので、堂々とお伝えします♫

スポンサードサーチ

アメリカでは常識?!甲状腺機能が下がる元凶は「肝臓の疲労」

もともと「ご飯」と「果物」を適量食べるだけで甲状腺機能は向上するということを知ったのは、昨年秋、あるアメリカ在住の健康系企業の社長さんから伺ったからなのですが。
ではなぜ伺ったのかというと、私のクライアントさまの中にこの病の方が非常に多いからだったのです。
その社長さんいわく、

もともと肝臓は、ブドウ糖、つまり炭水化物(日本人ならご飯)と、果糖(果物)を同じぐらいバランスよく食べていないと良い仕事ができないのです。
それなのに、糖質制限したり、果物は太るとか冷えるとかで食べ控えていると、肝臓が強くストレスを感じ、それに反応してコルチゾルというストレスホルモンを脳が分泌。
そうすると、そのコルチゾルによって甲状腺も反応し、機能を弱めてしまう。

という趣旨のことを話してくださいました。
だから、甲状腺の機能が下がっている人は、ご飯と果物をしっかり食べれば良いと。
(このことはアメリカでは常識のようです)
このことを伺った後、甲状腺機能低下症のクライアントさまのお食事記録から、ご飯や果物の摂取具合を再度確認したところ、たしかにご飯はともかく、果物は全くと言ってよいほど、どなたも食べておられないことが発覚。
早速、お声を変えさせていただいたのが11月中旬あたりからだったのです。
そして、約1ヶ月後には、お声を掛けた数名のうちお2人の方が実際に実践してくださり、結果がでたのです。
そして今回、Rさまからもはっきりと数値が良くなったということを確認させていただき「これは間違いない!」ということになりました^^

効果的な果物の摂取量は『拳(こぶし)計量法』で

ですが、実際どれぐらい食べたら良いのか、当初は私もよくわからない部分があったのですが、こちらの↓42歳・標準体型のRさまぐらにの分量が適量なのだと再確認できました。

ちなみに私も、毎日これぐらいの果物を普通に摂っています。

祖父から教わった『拳(こぶし)計量法』


昔、健康に非常に留意していた祖父から、毎日自分の拳(こぶし)2つ分くらいの果物を食べなさいと教わりました。
(ちなみに祖父は、98歳までカラダは健康そのもの、元気ピンピンで会社経営をしていました。)
私は、祖父から教わったその非常にシンプルな食べ方を、何十年も失念していましたが、出産後ふと思い出し、今実践しています。
ちなみにご飯は、自分のこぶし1個分を一食分とし、カラダをしっかり動かした日は、こぶし3個分、あまり動かなかった日は2個分という風にするのです。

1日の食べる量のめやす
ご飯・・・自分のこぶし3個分
果物・・・自分のこぶし2個分

自分のこぶし2個分と言えば、ちょうどAさまや私が毎日食べている量ぐらいですね。
果物の「適量」がどれぐらいか、お伝えするのが以前は難しかったのですが、この3名の方が実践してくださり、しかも食べ方がだいたい同じ感じで結果が出たので、この『こぶし計量法』生きてきたなと。
ちなみに私は、毎朝バナナ1本を食べます(それでこぶし約1個分になります)。
後は、りんご、キウイ、みかん、冷凍ブルーベリーの中から2つをチョイスして、こぶし1個分ぐらいを食べるようにしています。
すると、1日約こぶし2個分の果物を自然にいただいていることになります♫
ぜひ、あなたの食べ方の参考になさってください^^

スポンサードサーチ

日本人のカラダには、適量のご飯と果物が必要なのです

この真理は、男性にも、現在未病の方(一見健康な方)にも当てはまるはずですので、甲状腺異常脂肪肝(ご飯を極端に減らすと、肝臓が必要なエネルギーを蓄えるために仕方なく自分のカラダに脂肪を付けるのです。それが最近流行っている「やせ型なのに脂肪肝」の正体です)にならないために、適量のご飯と果物をぜひお摂りください。
その際には、ぜひ私の祖父が教えてくれた『こぶし計量法』をご活用ください^^
特に、すでに甲状腺異常の方は、甲状腺の機能を高めるためというより、甲状腺の機能を正常化させるために、しっかりご飯と果物をお摂りください♡

この続きはcodocで購読

プチファスティングクラブではいつでもメンバーを募集しています!

次回は5月日10日(月)〜 を予定しています。
もっとも妊娠しやすい体脂肪率25%を目指していきたいですね。
とりあえず、連休中にだぶついたボディを引き締めましょう!

入会の条件

  • まじめに妊活中のかた、もしくは妊活お休み中だけれどもう一度チャレンジしたいと思っておられる方
  • EHKOとフェイスブック&LINEでつながることが可能な方(もしくは身分証明できるものをご提示できる方)

上記を満たす方でしたらどなたでもOKです!
やる気のあるあなたからのエントリーをいつでもお待ちしています♪
あなたのペースで3日フィニッシュ・5日フィニッシュ・7日フィニッシュをお選びください。
※ご自身でEHKO推奨の【玄米甘酒】または【コーボン】をご購入いただきます♡
※仲間と一緒に励まし合いながら朝晩を甘酒のみ、お昼ご飯だけ普通食(タンパク質多め)の生活を実践してみませんか?
1〜2.5kgの減量に成功できます!(個人差があります)

次回のトークテーマ

『未病のうちから体質改善』
コロナの最中、妊活成功されている方々が私の周りでも増えています。
そんな妊活成功者たちのマインドも含め、中年女性にありがちな未病状態を改善する策についてお伝えしたいと思っています。

体脂肪率が35%あたりの方、
本気の妊活前の筋トレ以前に、
引きこもりが続き体重増加が気なり始めた方、
真面目な妊活仲間と一緒に本気でダイエットしたい方、

そんなあなたのご入会をお待ちしておりますm(_ _)m

» プチファス・エントリーはこちらからお願い致します♡

EHKOが1年の歳月をかけて研究・開発した『アンチエイジング妊活ハーブティー』


女性用・男性用・妊娠中の方向けの3種類のハーブティーをお作りしております♫

EHKOも毎日飲んでいる『アンチエイジング妊活ハーブティー』はこちらからご購入できます♡

さらに、2020年7月始めから基礎化粧品を一切断ってお茶の効能を検証中です!

EHKOは自分のカラダを使って実験・検証することが大好き♡
昨年の夏、ふと
「基礎化粧品(化粧水も美容液も何もかも)をぜーーんぶやめてみたら、私のお肌はどうなるんだろう?」
という素朴な疑問が湧いてきて止まらなくなり2020年7月2日からすべての基礎化粧品を断ち、現在もその実験は続行中です^^
そんなEHKOのお肌の状態は、こちら↓2021年1月26日のEHKOのどアップ動画でご確認できます✨

いかがでしょうか?
基礎化粧品って要らなかったんだねということが最近はっきりとしてまいりましたよ♬
ぜひEHKOオリジナル【アンチエイジング妊活ハーブティー】をお試しください♫

【アンチエイジング妊活ハーブティー】の販売サイトへはこちらから

※ 効果の出方には個人差があります

ランキングサイトに参加しています!

ブログ村

人気ブログランキング

ほぼ毎日更新中!EHKOのアメブロへは・・・

こちらをクリック!

EHKOとつながる90日or30日のDailyシート

EHKOのDailyシートをしっかり実践されたらほぼもれなくあなた史上最高のハイグレード卵子が採れることがいよいよ判明してまいりました♬

あなたのライフスタイルに合わせて2つの”Dailyシート”をご用意✨
【EHKOとつながる90日or30日のDailyシート】で、もっと本気の妊活を始めましょう♪♪
✔詳しくはこちらからご覧ください♡