降臨チャレンジャー鴻子のブログ

»  新講座  【実録活用】ハイグレードな卵子を作るための秘訣ご伝授オンライン講座     【絶対着床】移植直前〜判定日までのアラフォー女性の正しい過ごし方講座     【女性なら誰でも】転職・進路相談   【ネガティブマインドさようなら】妊活成功のための何でも相談   【松果体活性化】ワークショップオンライン講座   【zoomで学ぶ】妊活成功のためのミトコンドリア講座  【赤ちゃん天使を引き寄せる】マインドセット講座    詳しくは【お問い合わせ】ページをごらんください  

6歳児の許せいないウソを許すまでの【3つの思考】

子育て 高齢ママの悩み

子どものウソ。年齢が上がるにつれて、だんだんと巧妙になってきますよね。つい先日も6歳児の我が息子がとんでもないウソをついてくれまして、私は得も言えぬ怒りと悲しみで心が腐ってしまいそうに・・・。けれどもある【3つ思考】を重ねて早期に立ち直ることができたのです。そんな私流「6歳児の許せいないウソを許すまでの【3つの思考】」をお伝えします。

ここであなたに読んでいただく前に、事前にお伝えしたいことがあります。

これからお伝えする内容は、あくまでも、46歳という超高齢で出産し、52歳という更年期バリバリ世代の今、元気がありすぎる男の子を1人で育てている「私の心を平安に保つための落とし所」的な思考法であり、ウソをついた子どもへの対処法ではありません。

そのあたりをご理解いただいた上でぜひお読みください。

» 鴻子の妊娠・出産までの軌跡はこちらからご覧ください

6歳児の許せいないウソを許すまでの思考 その①【ひとりさんの言葉】


「6歳児の許せいないウソを許すまでの思考 その①【ひとりさんの言葉】」をお伝えする前に、今回この記事を書くきっかけとなった息子のとんでもないウソについて少し書いておきます。

そのウソとは、簡単に言うと「算数の問題を解くにあたって、私に隠れてずっと答えを写していた」というものです。
 
そのような行為は、子どもによくある他愛もないウソと言ってしまえばそれまでです。
 
しかし、小学4年生の算数がスラスラと解ける6歳の息子を見た私は、息子をいわゆる「ギフテッド」とこれまた壮大に勘違いしてしまったのです。
 
そのときの私の喜びっぷりと言ったら、ちょっと言葉では伝えきれないほどでした。
 
そしてそのウソがバレるつい最近まで、そんな「ギフテッド」な息子の可能性を引き出してくれそうな数学の英才塾を必死で探し求め、多くの時間と労力を費やしてきたのです。
 
ですから、その真相に気づかされとき、私は「なんとしたバカ親。なぜもっと早く息子の策に気づかなかったのだろう・・・」と、我が身を恨むほどの落胆と悲しみに襲われました。
 
今思えば、途中不可解な点も無きにしもあらずだったのですが、すっかり信じ切っていた私は、半年もの間、まんまと息子に騙され続けたのでした。

それではさっそく「6歳児の許せいないウソを許すまでの思考 その①【ひとりさんの言葉】」の核心に触れたいと思います。

これは起業家の斎藤ひとりさんがある講演会でお話されていたお言葉です。

    ある人のある言動がどうしても許せないときは、「それを許せない自分を許しなさい」

許せない許せないと、怒りや悲しみに浸っている自分。

そんな自分を許しなさい、と斎藤ひとりさんはおっしゃっています。

確かに、何かに固執していつまでも怒ったり恨んだりしている自分が嫌になってくることってありますよね。

でも、それはそれでいいんだよ、そんな自分を許そうよ、とひとりさんは優しく説いておられるのです。

息子の壮大なウソに気づいた直後の葛藤の中で、ひとりさんのこの言葉を思い出しました。

そしてこの言葉のおかげで、1,2日の間は大きく自分を崩すことなく、なんとかやり過ごすことができました。

でも、この対処法だけでは私の気持ちは爆発することはありませんでしたが、心は縮こまったまま。

また、自分の息子を見る目が氷のように冷ややかになっていることにも気づきました。

「このままではダメだ」

「息子のことがキライになってしまう」

そこで私は、さらに「6歳児の許せいないウソを許す思考法」を探すことにしました。

スポンサードサーチ

6歳児の許せいないウソを許すまでの思考 その②【量子力学を応用して】


「量子」とは、原子やそれを形作る電子、陽子、中性子、さらに小さなニュートリノやクォークなど、私たちの暮らす世界に存在する全ての元となっている粒子のことで、その法則を学ぶ学問が「量子力学」。

量子力学について学んでいくと、私が日々体験しているいわゆる「スピな世界」と重なってきます。

量子力学では「人の想念」も粒子の集まりであることがわかっています。

可視化できる物質だけでなく、ただ頭の中で思っているその想念さえも、実は小さな粒の集まりであるというわけなのです。

この概念は、まさに見えないはずのものが見えてしまうスピ的な世界(私にとってはパラレルに存在するもう1つの世界)とほぼ同じ。

» この原理を超易しく説明した記事がありますので、ご興味ある方はぜひこちらもお読みください。

    私のスピ的体験と量子力学的知見を合わせ気づいた「この世界における成功法則」をお伝えする講座『【量子力学とスピリチュアルの融合】成功法則を学ぶオンライン講座』を開設しています。
    » 詳しくはこちらをご覧ください。

私の『量子力学とスピリチュアルの融合】成功法則を学ぶオンライン講座』の中で詳しくお伝えしている内容はこちらでは割愛しますが、ここで用いるべき必要な考え方だけ簡単にお伝えすると、次のような一文におさまります。

対象物(概念)にフォーカスし過ぎると、その対象物(概念)は逃げていく

つまり、「この問題をなんとか解決しようとそこに固執してフォーカスしすぎると失敗する」というわけです。

この法則は、ほぼすべての事象に当てはまります。

私はこの法則を、ずっと昔にスピ的な側面から気づいたのですが、その後、量子力学と出会ったとき、スピと同じ説明が成立することに気づき、静かに感動しました。

この法則を今回の「息子のウソつき事件」に当てはめると、「息子のウソつき癖を親としてなんとか直したい」と強く思いつめないことが大切になってきます。

そこにフォーカスし過ぎないことが結果的に上手くいくのです。

それは量子力学的に説明できるのです。

それはつまり科学的に証明できるということなのです。

スピ系が信じられない人も、科学的に証明されたものならきっと信じてくださることでしょう。

心配だ、絶対になんとかそうしたい、という強すぎる想念は、結果的に「成功・解決」という想念を壊してしまうのです。

だから私は、この法則に則って「息子のウソつき癖を今すぐなんとかしようと思うのはとりあえずやめてみよう」と、一旦諦めてみることにしました。

すると、肩の力がすーっと抜けて気持ちが楽になってくるのがわかりました。

物事に執着しすぎないことって、自分のメンタルを健全に保つ意味でも本当に大切だなことだと改めて強く実感しました。

6歳児の許せいないウソを許すまでの思考 その③【赤ちゃん天使だったことを思い出す】


「6歳児の許せいないウソを許すまでの【3つの思考】」の最後のひとつは【赤ちゃん天使だったことを思い出す】。

こちらは、スピっている私独特な発想と言ってよい対処法でした。

そんな私独自の「6歳児の許せいないウソを許すまでの思考 その③【赤ちゃん天使だったことを思い出す】」がこちらです。

    ①:子どもは生まれる前に自分の使命に合わせて母親を選んで生まれてくる
    ②:その母親の対応能力に合わせて子どもは様々な課題を母親に投げかける
    ③:私は教師歴17年のベテラン、だから難易度の高い問題児が降りてきた

① 子どもは生まれる前に自分の使命に合わせて母親を選んで生まれてくる

子どもは生まれる前、つまり赤ちゃん天使のときに、自分の来世でのミッションが達成しやすい場所をまず選びます。その後に、そのエリアにいる好みの母親候補をあげ、最終的に神様と相談の上、もっともふさわしい母親を選んで生まれてくるのです。

この「赤ちゃんが自ら母親を選んで生まれてくる説」は、横浜の産婦人科医師で池川クリニック院長の池川明先生のご著書にも詳しく書かれています。


» Amazonで買う

つまり、このような現在大ウソつきな男の子に成長している息子ですが、そんな息子自身が私を選んでやって来たというわけです。

この説を信じてちょっと考えてみると「こんな大ウソつきの子どもがなぜ私のところにやって来たの〜?」と、まずは思いっきり凹んでしまいそうですよね。

でもそこを超えてさらに深く追求していくと、そんな息子が私の元にやってきた本当の意味がなんとなく分かってきたのです。

私は、日頃から物事をなんでも正面からとらえてしまう傾向が強く、ふざけたり冗談を言ったりすることはまずありません。

それを他人は「真面目」と捉えてくださるのですが、それは違うのです。

私は「アスペルガー症候群」・「大人のアスペ」なのです。(自己診断ですがまず間違いないでしょう)

アスペの人間は「常に本当のことが知りたい」という欲求が強いのです。

だからそもそも冗談とかおふざけに全く価値を感じないのです。(冗談って結局ウソでしょ?っと基本思っています)

今でも時々、相手が言っていることが、社交辞令の美辞麗句なのか、それとも本当のことなのかがよくわからなくなることがあります。

なぜなら私は思っていないことは口にしないからです。

基本心に思っていることしか話せないのです。(←これがまさにアスペの特徴です)

お世辞や社交辞令の美辞麗句が、この歳になっても未だに上手く使えないのです。

② その母親の克服課題に合わせて子どもが問題を投げかける

①からの続きになります。

ですから、息子のひどすぎる度重なるウソも、考えようによっては「私のそんな弱点を克服するために仕組まれた課題」と捉えることができたのです。

ウソはウソでもちろんいけないことですが、それも一種の冗談・ジョークと捉えることもできます。

息子の場合、ちょっと冗談では済まされないレベルのウソですが、それも息子にとってそれは「調子に乗ってふざけていただけ」だったのかもしれません。

むしろ年齢的に考えても、そう捉えてあげるのが妥当です。

だから、私が「冗談やふざけに対する対処法」を見いだせるように、息子の極端な言動を通して体験をさせてもらっているのではないだろうか・・・と気づいたのです。

③ 私は教師歴17年のベテラン、だから難易度の高い問題児が降りてきた

さらに私は、過去17年間、幼稚園児〜大学生・社会人まで教えたことのある元教師です。

だから、どんなタイプの生徒にも対応できるスキルは、一応は身につけています。

そんな中で、実はこの「冗談やおふざけが好きな男の子」が、私の一番苦手とする生徒のタイプでした。

その私が一番苦手とする生徒のタイプが、なんと我が子のキャラとかぶってしまっているという・・・(嘆)

つまり、私が17年の教師人生で避けて来た「おふざけが過ぎる面倒くさい男子」を、息子と日々一緒に過ごすことで克服させようという「神様の意図」を今回感じ取ったというわけです。

私も50年以上生きてきましたが、嫌だからと逃げまわっていたことが、逃げ切れたとホッとしたのもつかの間、必ずどこかで再びそれと出くわし、結局泣きながらそれと向き合って克服してきたという経験が何度もあります。

嫌なことから逃げると、後から必ず追いかけてくる。

これもこの人生で得た教訓のひとつ。

私の元に、このいつもふざけてばかりいるウソつきな男の子が舞い降りてきた本当の理由。

「冗談やおふざけを理解して受け止めるだけの心の寛容さを、自分の息子を通して身につけなさい」

そう神様が私に囁やいてくださっていると思えたとき、私の心の曇りは完全に晴れたのでした。

スポンサードサーチ

まとめ


私の「6歳児の許せいないウソを許すまで【3つの思考】」いかがでしたでしょうか?

あなたがこのスピ的な説を本気で信じることができる人なら、「6歳児の許せいないウソを許すまで【3つの思考】」を、きっとご理解いただけると思います。

赤ちゃんからの「可愛い可愛い」の時代が過ぎ、最近ではだんだんと男の子らしくなり、ついには毎日のようにウソをつくようになった6歳の息子。

そんな息子ではありますが、振り返れば7年半前。

重い婦人科疾患によって、20年以上待ち焦がれ、そして諦め、子宮全摘一歩手前の寸前で、やってきてくれた私の赤ちゃん。

それが私の息子。

私は子どもの教育に17年間も費やした「教育のプロ」

だから、こんな息子がやってきたのです。

ウソつきレベルが半端ない、しつけるのが難しい、難易度高めの赤ちゃん天使がやっていたのです。

だからこれでよいのです。

私のレベルに合った息子なのです。

この世は所詮、魂の修行の場。

私にとって扱いやすい子どもがやって来たら、私の修行にならないのです。

そんな風に思える今、ウソつき坊やが愛おしく、またありがたい存在として、私の中で再び輝き始めました。

「7歳まではみんな神様の子」

この言葉には2つの意味が込められています。

1つは、「7歳までの子どもは、まだ神様と強くつながっているので、天使のような存在だよ」という意味。

そしてもう1つの意味。

それは「7歳までは、いつ神様が呼び戻しても不思議ではない儚い存在だよ」というなんとも意味深な意味。

つまり「ちょっと成長してしっかりしてきたからといって油断していると、ふとしたことで簡単に命を落としやすいものだから、まだまだしっかり気を引き締めて育児しなさいよ」という、私のような未熟な親に対する戒めの言葉なのです。

息子はまだ生まれて6年しかたっていないということは、まだ神様としっかりつながっていますから、本当に油断してはいけませんね。

子育てはやり直しが聞かない1回ポッキリの舞台のようなもの。

毎日悪戦苦闘の連続です。

でも、こんな私を選んできてくれた息子。

こんな私を「母親」にしてくれた息子。

そんな息子をこれからも感謝しながら大切に育てていきたいという、出産直後の初心にも似た想いに立ち返ることができた「6歳児の許せいないウソを許すまでの【3つの思考】」。

この【3つの思考】が、毎日ウソをつきまくる子どもにメンタルを傷つけられているお母さんたちのお役に立てたら幸いです。

    私のスピ的体験と量子力学的知見を合わせ気づいた「この世界における成功法則」をお伝えする講座『【量子力学とスピリチュアルの融合】成功法則を学ぶオンライン講座』を開設しています。
    » 詳しくはこちらをご覧ください。

この続きはcodocで購読

【実録参照】ハイグレードな卵子を作るための秘訣・オンライン講座


過去2年半の間に妊活カウンセラーとして携わらせていただいたおよそ1000件の妊活女性の妊活内容・ボディデータなどを基に「妊活成功の秘訣を事実データから学ぶシリーズ」人気講座です。

ハイグレードな卵子をつくるには、水分摂取・食事・運動・睡眠・マインドなどに「明らかな成功法則」があります。

およそ350件の採卵実例の中。EHKOの3ヶ月間のDailyシート受講者さまの中でハイグレードな卵子をつくることに成功された27名の中のおひとりをピックアップ。

その方の具体的な毎日の食生活・運動内容・マインド・その他日常生活全般をご紹介しながら「実際にどのような生活を送ればハイグレードな卵子が作れるのか」その秘訣を、現時点で私が知り得ている全てをお伝えします。

    【実録参照】ハイグレードな卵子を作るための秘訣・オンライン講座の詳細・お申し込みはこちらからお願い致しますm(_ _)m

※ 事前にあなたの過去の妊活歴、現時点での妊活内容、ボディコンディションなどをリサーチさせていただきます
※ 男性妊活の基本事項も講座の最後にあわせてお伝えします